スキャンしたデータを3Dプリンターで作成、実際にバイクにつけてみました。

前回スキャンしたバイクのフロントフェンダーをデータ化して、

3Dプリンターで製作して、実際にバイクにつけてみました。

取付時の不具合等なく、スムーズにつけることができました。

手前がスキャン元の製品で、奥がスキャンして作成した試作品になります。

スキャン元製品との誤差がほとんどなく、違和感なく装着することができました。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。